女性ホルモンと乾燥肌

スポンサーリンク

女性ホルモンと乾燥肌は密接な関係があるようです。

女性は更年期(40歳台半ばから50歳代半ば)に近づくと
女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンが減少していきます。

エストロゲンやプロゲステロンが減少すると
・肌が乾燥する
・皺になりやすい
・たるみがでてくる
・ハリや弾力を保つコラーゲンなどが減る
・肌の新陳代謝(ターンオーバー)が遅れる

これとともに肌のバリア機能が著しく低下して
肌が敏感になり紫外線やアレルギー、ホコリ等
様々な刺激を受けやすくなります。

こうなると「シミが目立つ」「今まで使っていた化粧品が合わない」、
お肌が「赤くなる」「ヒリヒリする」「痛がゆい」など様々な肌トラブル
を引き起こします。

★おすすめの対策

・十分な睡眠で代謝を促す
 睡眠不足は成長ホルモンの分泌を妨げ、肌の新陳代謝にも影響します。

・紫外線対策をする
 紫外線は肌を老化させ乾燥させます。

・更年期に効く食べ物を取る
 大豆イソフラボン、ポリフェノールが含まれた食べ物
 を積極的に取る

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です