化粧水の付け方

スポンサーリンク

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

以前は化粧水や乳液などはコットンを使ってた人が多いと思います。
私もそうでした。
未だにホテルのアメニティにはコットンがありますし温泉施設などでも
スキンケア用品が備え付けられているところは大概コットンも置いてあります。

でも今時はどこのコスメメーカーでも手のひらでスキンケア用品を使うように
使用方法等で推奨しています。

コットンの欠点

柔らかいコットンはお肌に優しいように見えて実はお肌を傷つけて
しまいます。

水分を含んだコットンは固くなりそれを肌に付けるということは
肌を硬いもので叩いているようなもので繊細なお肌を傷つけてし
まいます。

それにコットンに含ませた化粧水などは直ぐに蒸発してしまい
実際それほどお肌にしみこんでいないようです。

コットンでパッティングなどは止めてください。
肌にとっては傷めつけられていると同じです。

コットンで肌を擦るのもやめましょう。
黒ずみの原因になります。

正しい化粧水の付け方

1,各コスメで指定された量の化粧水を手のひらに取る
2,両手のひらに軽くなじませた後、手のひらで顔全体を包み、
やさしく押さえるようにつけます。
この時にけっして擦らないでください。
3,凸凹したパーツである目元、口元、鼻まわりなどの細かい部分は、
中指と薬指で押さえるようになじませます。
4,最後に手で顔全体を包み、手のひらが肌に吸いつくようになるまで、
ゆっくりやさしく押さえます。

手のひらで付ける時にやってはいけないことは、乱暴に手のひらで
肌をパンパンと叩いてしまうこと。
ゆっくりじわ~っと押さえてください。
壊れやすい薄い陶器を扱うように。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です