乳液のつけ方

スポンサーリンク

o51Cx6Jw4MhceDd1445352098_1445352126
乳液のつけ方

1,使うコスメ指定の分量の乳液(ココ大事)手のひらに取ります。
2,額・あご・両頬・鼻の5点に置きます。
3,顔の内側から外側に向かってのばします。
目のまわりはやさしく円を描くようにのばしてください。
目の周りはとてもデリケートなのでそっとやりましょう。
4,最後に手で顔全体を包みハンドプレスします。
手のひらが肌に吸いつくようになるまで  やさしく押さえます。

乳液の付け方の注意点

・化粧水と同じくコットンを使うのはやめましょう。
コットンの繊維がお肌を傷つけてしまいます。
毎日の積み重ねで強く擦ると黒ずみの原因になります。

・乳液は化粧水などに比べて「伸びる」ためについつい
調子よくお肌をクルクルスルスルと指や手のひらでマッサージ
するように伸ばしてしまいがちです。
何事もやり過ぎは注意です。黒ずみの原因となります。

・化粧水よりも厳密に指定の分量でつけましょう。
少なすぎると伸ばす時に肌に負担がかかりますし、多すぎると
余計に肌に伸ばしてる時間がかかります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です